南関東競馬予想

地方競馬場情報

川崎競馬

川崎競馬結果

【川崎記念】ヴァーミリアンがGI勝利記録を“9”に
27日、川崎競馬場で今年の地方交流GI初戦となる「第59回川崎記念」(11R、指定交流GI[Jpn]・ダ2100m、4歳以上、1着賞金6000万円)が行われ、圧倒的な支持を集め1番人気となった武豊騎手騎乗のヴァーミリアン(牡8歳、栗東・石坂正厩舎)がゴール前で粘るフリオーソを捉え、2分12秒7のコースレコードで貫禄勝ち。GI9勝目を飾り、自らの持つ国内最多GI勝利数の記録を塗り替えた。
クビ差の2着は3番人気のフリオーソ(牡6歳、船橋・川島正行厩舎)、2着から1馬身1/2差の3着には4番人気テスタマッタ(牡4歳、栗東・村山明厩舎)が入った。 レースはスタートからフリオーソとヴァーミリアンが競り合う展開。道中フリオーソが先頭に立ち、ヴァーミリアンは2番手。テスタマッタ、ゴールデンチケットがその後ろから競馬を進めた。
勝負の直線、ヴァーミリアンがかわしにかかったものの、逃げたフリオーソも脚色が衰えない。激しい叩き合いが続いたが、ゴール手前でヴァーミリアンがわずかに前に出た。 ヴァーミリアンは、父エルコンドルパサー、母スカーレットレディ、母の父サンデーサイレンスという血統で、栗東・石坂正厩舎所属の牡8歳。通算成績は32戦15勝(うち地方12戦10勝)で、GIは07年の川崎記念、JBCクラシック、ジャパンCダート、東京大賞典、08年のフェブラリーS、JBCクラシック、09年帝王賞、JBCクラシックに続き9勝目。
「佐々木竹見カップ」地元の町田騎手が優勝
全国のトップジョッキーを集めて覇を競う「第8回佐々木竹見カップ」が26日、川崎競馬の9、11Rで行われ地元の町田直希騎手(21)が1、8着で計60ポイントを獲得して優勝した。「出られただけで嬉しかったのに、いい馬に乗せてもらいました。今年は100勝できるように頑張ります」と初出場での最年少Vに会心の笑顔を見せ、優勝賞金200万円は「みんなでお祝いしたいですね」と声を弾ませた。2位は9、1着で58ポイントの木村健騎手(34)=兵庫=、3位は2、7着で51ポイントを獲得した岩手の菅原勲騎手(46)だった。.

URL
TBURL

*
*
* (公開されません)

Return Top